清須市は愛知県の中心部に近いので、土地の価格はそれなりに高いです。新築住宅を購入する時には、住宅ローンでの借入額が高額になりやすいので、しっかりとシミュレーションをして、無理のない返済プランを考えなければなりません。
新築住宅のうち、注文住宅を購入するという人は、負担が少なくなることがあります。それは、親などからもらった土地をすでに保有しているというケースです。土地をすでに保有しているなら、後は建物の購入費だけを住宅ローンで借りれば良いので、負担は少なめです。
しかし、土地を保有していない人は、まずは土地を購入して、その後に注文住宅を建てなければならないので、負担は一気に増えます。同じ注文住宅でも、土地を保有しているかどうかでかなり差が出るので、注意をしておきましょう。

新築住宅購入時の平均的な年収はどのくらい?

清須市で注文住宅を購入する時の平均的な世帯年収は600万円~650万円くらいになるようです。建売住宅の場合には、650万円~700万円くらいになるでしょう。
建売住宅よりも注文住宅のほうが高いのに、前者のほうが平均年収が高いことに疑問を持つかもしれません。実は、注文住宅を購入する人には、すでに親などから譲渡もしくは相続した土地を保有している人も多いので、年収が低くても購入に踏み切る人が多いのです。
平均値はあくまで参考程度にしておき、個別に考えることが重要です。例えば、2,000万円の頭金を用意できるというのなら、4,000万円の住宅を購入する時、2,000万円のローンを組めばよいので、世帯年収は500万円くらいでも余裕のあるローンが組める可能性が高くなります。

将来に売却をすることも考えておく

清須市は需要の高いエリアですので、将来に価値が大きく低下するということは考えにくいです。しかし、将来に売却をする時のこともしっかりと考えておきましょう。売却をしようとしたら、予想していたよりも住宅が安く売れてしまうということもあります。
最悪のケースでは、売却をしてもローンを完済できず、借金が残ってしまいます。そもそも、抵当権を解除できなければそのままでは売れないという問題もあります。
一時的にオーバーローンとなってしまっても、そのままローンの返済を進められるのならそれほどデメリットはありません。最初の10年くらいはオーバーローンの状態になってしまうということもありますが、ローンを完済してしまえばなにも問題はありません。しかし、転勤などの事情で途中で住宅を売却しなければならなくなる可能性も考えておきましょう。