住宅を購入するということは、働く者にとっては一つのステータスであり、非常に高額な買い物になりますから、より家族や仕事に対して責任感が必要となります。そのため、購入年齢は、必然的に30歳代後半から40歳代中盤までが多くなります。つまり、働き盛りの年代で購入し、定年時に住宅ローンの支払いが終わるというのが一般駅なパターンなのです。
さて、清須は愛知県名古屋市に隣接することから、そのベッドタウンとして、多くの宅地造成が成され、様々なタイプの住宅が販売されています。近年では、住宅を建築する為の物資が高騰しており、住宅そのものの価格が値上がりすることも懸念されていますが、分譲地では物資を一括購入する等、コストダウンに努めており、非常にリーズナブルな価格を実現しています。

分譲住宅を住宅ローンで購入する際の注意点

賃貸であれ分譲住宅であれ、月の収入の内で住宅関連費が占める割合は20%から30%が適当と言われています。それ以上、増えると生活を圧迫したり、住宅ローンの滞納が危惧されているからです。したがって、住宅の購入限度額を定める場合、月収の20%に定年までの月数をかけ合わせ、頭金を加えた金額になります。ただし、その中には老朽化に伴う修繕費も入っていることを忘れてはなりません。
こうして算出した予算を基に、希望とする間取りに合った住宅を探し出すのですが、その地域によって、購入可能な住宅のクオリティは大きく異なります。そういった観点で、清須は地価が比較的安価ですから、同じ予算でも名古屋で建築するのと、この地域では大きな差が出てしまうため、ベッドタウンが形成されるのです。

最近の分譲住宅の現状とメリットについて

清須では、名古屋と比較すると地価が安価であること、また、宅地造成を進めていることから、一括して建築物資や労働力を確保しコスト削減を実施していることから、新築物件であれ非常にリーズナブルな価格を実現しています。
また、そのクォリティについても、競合他社で自然と競争原理が働き、非常に良い物件が揃っています。ただし、人気物件は売り出しと同時に売却されてしまいますから、絶えず情報収集する必要があります。情報収集の方法としては、口コミ・比較サイトのチェックが一般的ですが、住宅メーカーや不動産会社に顧客登録しておくことも有効です。なお、情報収集において大切なのは一つの方法に頼るのではなく、複数の方法を用い、情報源を数多く持っておくことです。さて、今後、さらに宅地造成は進んでいくことが予想されますから、新築物件を探すには最良の地域だと言えます。