清須は名古屋市に隣接していることからベッドタウンとして注目されており宅地開発が進められています。清州で売買されている新築住宅は主に建売または分譲住宅、建築条件付きです。建売住宅と分譲住宅は基本的にはほとんど同じで、売主が宅地造成した土地に建てた家をセットで販売しているものです。土地と建物がセット価格になっているので、購入者にとっては予算とのバランスを考えやすいというメリットがあります。また、すでに建築済みの家を購入するだけなので、すぐに入居したいかたや、こどもの進学などで入居時期が予めわかっているかたに適しています。購入前には室内を内覧できるので、入居後の生活をイメージしやすいというのもメリットの1つです。複数の建売や分譲住宅を見学し比較しながら選ぶことができます。

建築条件付きの意味とメリットとは

建築条件付きとは、売主が指定する建築会社で家を建てることを条件に販売している土地のことです。契約するときは売主と土地の売買契約を締結してから建築会社と建築契約を結ぶことになります。土地の売買契約を結んでから3か月以内に建築契約が完了しない場合は、売買契約自体が無効になってしまいまうので注意しましょう。また、自分で依頼したい建築会社がある方は土地だけを購入する方法があります。建築条件付きのメリットは、建築会社の規格内であれば間取りや設備を自分で選ぶことができるという点です。ただし、建築会社の規格については会社によって基準が異なりますので確認が必要です。建築条件付きは、建築工事の基礎の段階から見ることができますので、工事内容をチェックすることも可能です。

清須で一戸建てを購入するメリット

土地と家の購入を検討する方は中古住宅と新築住宅の購入で迷う場合があります。新築のメリットは建物や設備が新しいという点です。しかし、この他にも税制上の優遇制度を受けられるメリットもあります。税制上の優遇制度とは登録免許税、不動産取得税、固定資産税などの税率の軽減の対象となるので家計の負担を軽くすることができます。税率は数%ですが住宅の購入金額が大きいので、優遇制度を受ければ家具家電などの購入費にあてることができます。税制上の優遇制度については建築会社に問い合わせると教えてくれますので、不明な点は質問して解決するようにしておきましょう。清須は名古屋への通勤や通学に便利な立地となっていること、購入しやすい価格帯で販売されていることから人気があります。家の購入を考えている方にはお勧めのエリアです。