せっかく清須で新築のマイホームを建てたのなら、その後の点検やメンテナンスが大切になってきます。昔と比べると今の新築の家は耐震や耐熱も施されており、建築技術も発展しています。その結果、長く安心して住める家になっているのです。しかし、定期的に点検やメンテナンスをしなければ、劣化が早くなってしまいます。今多くの人は家を建てたら、何十年と長きに渡って住む予定のはずです。今の家は構造体がしっかりしていてるので、何十年と住む事は可能となっています。その為にも、建てたら終わりではなくメンテナンスが必要となるのです。車には法律で定期的な検査義務がありますが、家にはありません。しかし車も定期的な点検とメンテナンスをすることで長持ちします。これは家も同じなので、実施するとよいでしょう。

大切なのは水周りのメンテナンス

では、どんな場所がメンテナンスが必要になるのかを紹介します。やはり一番はキッチン、洗面、風呂、トイレなどの「水周り」です。水周りは、毎日の生活で使う所なので、消耗も早く傷みやすいと言われています。しかも、水漏れすると床や床下などを痛めたりするので、5年おきに点検すると良いでしょう。もし壊れてから修繕する場合、修理期間の時間が掛かったりして、不便な思いをしてしまいます。また、水周りの設備系の交換時期は10~20年くらいと言われています。また、これらの設備は年々メーカーが良い商品を開発しています。使い勝手が良いだけでなく、水道代が安くなるようなエコ商品もどんどん出ます。設備を見直すこともあわせて、定期的な点検や交換を考えておくと良いでしょう。

外壁やクロス、フローリングも忘れずに

せっかく自分の家を清須に持ったなら、美観的な所も忘れないようにするべきです。外壁や屋根を定期的にメンテナンスすることで、見た目の美しさも保つことができます。外壁は、窯業系サイディング、折版、板張りなど種類によってメンテナンス時期も様々です。窯業系サイディングであれば、サイディングの張り合わせ部分であるコーキングの打ち替えを10~15年で行わないと雨漏りの原因になります。家を建てた後には、外壁の素材など忘れないようにしておくべきです。また屋根においても、陶器瓦、セメント瓦、コロニアル、折版などさまざまです。陶器瓦は、基本的にメンテナンスフリーですが、割れる心配とルーフィングという瓦の下の、下地材の確認が必要となります。このように長い間マイホームで快適な生活を送るには、メンテナンスが大切になるのです。

スローガン三つの心で地域の住宅の普及に貢献しています。 大工さんが創るこだわりのマイホーム! 愛知県西部地域とあま市、名古屋市で家をお探しなら伸幸ハウスへ。 9:00~18:00(夏季休業、年末年始休業有) はっきりとした四季のある日本の気候風土に適した在来軸組工法にこだわり続けます。 ローン相談なども経験豊富な弊社スタッフが対応。お気軽にご相談下さい。 清須で新築一戸建てをお探しならこちらへ